犬のしつけは最初が大事

犬の種類は超小型犬、小型犬、中型犬、大型犬、超大型犬の種類に
分けられているそうです。

犬の種類は成犬時の体重(大きさ)で分類しているようなのでが、
目安として犬の種類は次のように分けられるようです。

●小型犬・・・・10キログラム以下
●中型犬・・・・11キロ〜25キロ
●大型犬・・・・25キログラム以上
●超大型犬・・・45キログラム以上


動物学的に考えると犬はイヌ科に属する哺乳類であり祖先は
オオカミであると考えられていています。

そして犬は人間の良きパートナーとして家畜化された最初の動物とも
言われています。

犬は野生の時には群れを作って集団生活をしていたと考えれていて
リーダーに従順な性質を持っているため順位性に厳しいの特徴があります。

そのため犬のしつけとして大切なことは「飼い主がリーダー」ということを
しっかりと教えることが大切です。

どんな犬の種類を飼っても「しつけ」をしっかりやりましょう。
これが犬にとっても人間と幸せに過ごせることになります。

犬の種類とワクチン

どんな犬の種類でも予防することで防げる病気は沢山あります。
愛犬に健康で幸せな一生を送らせてあげましょう。

免疫がまだ安定していない子犬は、生後3ヶ月までに3回、
その後は1年に1回ずつ接種するのが一般的のようです。
ワクチンの効果は約1年持続するので、それが切れないうちに追加で接種をします。

ワクチンは子犬、小型犬、中型犬、大型犬といった犬の種類によって
打つ量に違いはないようです。特に子犬のワクチン接種回数は獣医の
経験と理論によって違うようです。

考え方としては子犬の時期に打ち終わった1年後の接種という
考え方でいいと思います。

うっかり忘れて月日が経ちすぎてしまうとワクチンの接種によって
上がった抗体がなくなってしまいますから注意した方がいいでしょう。

最近ではいくつかの感染症に対応している混合ワクチンが主流で、
死亡率の高い感染症の予防を対象とした3種混合、5種混合、
7種混合などがあります。

日本では狂犬病の予防接種は法律で義務付けられているのですが、
その他の感染症に対するワクチンの接種は飼い主の任意となっています。

ワクチンは感染症を予防する有効な手段ですが、副作用の発生も考えられますので
接種する場合、犬の健康状態をしっかり把握した上で行うことが必要です。

またフィラリアは蚊が刺すことにより心臓に虫のわく病気ですが
私の回りでもフィラリアで亡くなってしまう犬が多いです。
6月から11月まで、月に一回、お薬を飲ませましょう。

いずれにしても、獣医師といろいろ相談してみるといいですね。

室内犬の種類 ゴールデン・レトリバー

室内犬というと小型犬の種類をイメージしやすいと思いますが、
ゴールデン・レトリバーは室内犬に適している大型犬の種類です。
盲導犬になれる犬の種類としても有名な犬です。

おとなしいので飼いやすい犬の種類でもあります。

ゴールデン・レトリバーは人間が大好きで陽気で明るい性格の犬です。
特に主人のことは大好きになり、そばに付き添っていたいので
室外で飼う犬の種類ではありません。

常に家族とコミュニケーションがとれる環境が必要です。

攻撃的なところがなく温厚で優しい性格なので幼児がいるような家庭でも
安心して室内犬として飼う事ができます。
そのため番犬になるような犬の種類ではありません。

無駄吠えもほとんどなく、留守番もできますが留守番をさせていた場合、
帰宅後は時間をとり一緒に遊んであげるように
コミュニケーションをとることは必要な犬の種類です。

2歳ぐらいまでは、やんちゃな感じですから、身体が大きい犬だけに
苦労することもあるかもしれませんが、3歳を過ぎたころから
グッと落ち着いてきます。

ゴールデン・レトリバーを飼う時は子犬の時期は少し気長に
見守ってあげましょう。

小型犬の種類 パピヨン

犬の種類の中でも小型犬の種類の室内犬を飼う人が増えているようです。
小型犬の種類も数多くいますがパピヨンも人気ある室内犬の種類の中の
1つです。

パピヨンという可愛い名前は、羽を広げた蝶のような大きな耳に由来して
いるようです。

パピヨンは体臭がなく、アンダーコート(保温のため柔らかく密生する
下毛の事で秋に生え始めて初夏には抜けます)が少なめの犬の種類なので、
毛が抜けにくく手入れが比較的簡単です。

また知的レベルが数ある犬の種類の中でも非常に高いため
ヨーロッパでは多くのパピヨンがセラピードックや服従競技などで活躍し
知的で多才な犬の種類として照明されているようです。

性格的にも明朗活発で賢明で 陽気で人なつっこい性質の犬の種類なので
人間に溶け込みやすいようです。

さらに無駄吠えが少なく協調性も高く動きも活発になので、
散歩に連れ出さなくても運動不足になる心配もないようです。
また小型犬の種類の中ではとても丈夫な犬です。

ただ、知的レベルが高いということは、逆に”しつけ”や”訓練”を
しっかりしないといけません。

外見の可愛さで甘やかし過ぎると、自分の立場が強い思い込み
強気になり、わがままな犬になってしまいます。

そういった事を考えて飼う事ができれば素敵な家族の一員となる
犬の種類でしょう。

犬の種類いろいろ

犬の種類を犬の大きさで区別する時の分け方は超小型犬、小型犬、
中型犬、大型犬、、超大型犬などの犬の種類に分けられます。

大きさで犬の種類を区別する時は基本的に成犬時の体重で
分類しているようです。

動物病院ではフィラリアやノミの薬は品種の犬の種類ではなく
体重別ということを聞いたことがあります。

以前、飼っていた犬の種類は雑種で、小型犬の部類に入ると思いますが、
初期の段階だと思うのですがフィラリアと診断されたので、
しばらく薬を与えていました。

無事に直りましたが、多分フィラリアの薬というのは強いのでしょう。
薬を飲んだ後しばらく犬が少し元気がありませんでした。

体重で薬に対する抵抗力が変わってくるのでしょうか、
獣医さんに感謝でした。

また犬が宿泊できるホテルなどでも、品種の犬の種類でなく
体重で料金が設定されている所もあるよです。

ですから同じ犬の種類でも料金が違っても間違っているわけでは
ありません。

このように犬の種類より体重を基準に料金が決まるサービスも
あるのですね。

犬の太り過ぎに注意しましょう。