犬のしつけは最初が大事

犬の種類は超小型犬、小型犬、中型犬、大型犬、超大型犬の種類に
分けられているそうです。

犬の種類は成犬時の体重(大きさ)で分類しているようなのでが、
目安として犬の種類は次のように分けられるようです。

●小型犬・・・・10キログラム以下
●中型犬・・・・11キロ〜25キロ
●大型犬・・・・25キログラム以上
●超大型犬・・・45キログラム以上


動物学的に考えると犬はイヌ科に属する哺乳類であり祖先は
オオカミであると考えられていています。

そして犬は人間の良きパートナーとして家畜化された最初の動物とも
言われています。

犬は野生の時には群れを作って集団生活をしていたと考えれていて
リーダーに従順な性質を持っているため順位性に厳しいの特徴があります。

そのため犬のしつけとして大切なことは「飼い主がリーダー」ということを
しっかりと教えることが大切です。

どんな犬の種類を飼っても「しつけ」をしっかりやりましょう。
これが犬にとっても人間と幸せに過ごせることになります。