犬の種類いろいろ

犬の種類を犬の大きさで区別する時の分け方は超小型犬、小型犬、
中型犬、大型犬、、超大型犬などの犬の種類に分けられます。

大きさで犬の種類を区別する時は基本的に成犬時の体重で
分類しているようです。

動物病院ではフィラリアやノミの薬は品種の犬の種類ではなく
体重別ということを聞いたことがあります。

以前、飼っていた犬の種類は雑種で、小型犬の部類に入ると思いますが、
初期の段階だと思うのですがフィラリアと診断されたので、
しばらく薬を与えていました。

無事に直りましたが、多分フィラリアの薬というのは強いのでしょう。
薬を飲んだ後しばらく犬が少し元気がありませんでした。

体重で薬に対する抵抗力が変わってくるのでしょうか、
獣医さんに感謝でした。

また犬が宿泊できるホテルなどでも、品種の犬の種類でなく
体重で料金が設定されている所もあるよです。

ですから同じ犬の種類でも料金が違っても間違っているわけでは
ありません。

このように犬の種類より体重を基準に料金が決まるサービスも
あるのですね。

犬の太り過ぎに注意しましょう。